宮本信子さん(萩原時江)

宮本信子OfficialSite
宮本信子 OfficialSite

ちょっと風変わりで自称「おせっかいババア」の老婦人・時江役を演ずるのは、日本の誇る個性派女優の宮本信子さん。

夫である伊丹十三監督の映画『お葬式』(1984年)に出演してブレイクし、以後『たんぽぽ』『マルサの女』など伊丹作品には欠かせない存在となります。

1997年に伊丹監督と死別してからは、映画への出演を控えていましたが、2007年に『眉山-びざん-』で復帰。『阪急電車』は映画復帰第2作目となります。

最初に、時江に扮した宮本信子さんを見た時は驚きました。『眉山-びざん-』の元芸者のお母さん役のイメージがあったので、原作の時江よりきついイメージになるのかな?と思っていたら、見事に柔らかく上品な老婦人に変身していて。

「こんなおばあさん、今津線にいるいる!」という感じなんですよね。

大女優なのに、キャストが決まった際に「地元の方々に共感していただけるよう、全力投球で演じさせていただきます」とおっしゃったというその謙虚さも素敵だなあと思います。

中谷美紀さんが、宮本さんのことを尊敬していて、宮本さんのことを探偵ばりに知っていたというエピソードには、深くうなずいてしまいました。