中谷美紀さん(高瀬翔子)

Rooms Nakatani
Rooms Nakatani

自他ともに認める美人なのに、平凡な同僚に彼氏を寝取られてしまう不運なOL・翔子を演じるのは、中谷美紀さん。

映画『リング』『自虐の詩』『嫌われ松子の一生』『ゼロの焦点』や、テレビドラマ『ケイゾク』『JIN-仁-』などにおける、ちょっと特殊だったり癖があったりする役のイメージが強いので、普通のOLさん役というのは新鮮です(あ、商社OL役で出演の『電車男』を忘れてました。奇しくも、あれも電車の映画ですよね)。

私が、中谷美紀さんを初めて知ったのは、90年代半ばに放映されていた日本石油のCMだったと思います。

当時も「こんな美人なタレントさんがいたのか!」と感動したものでしたが、女優としてキャリアを重ねるにつれ、どんどん美人度と透明感がアップして、もはや神々しいといった感がありますね。

ただ、ネットで中谷さんの評判を拾ってみたところ、キャリアに比例して、男子ウケがかんばしくなくなっているような…どうも多くの男性には、少しふっくらして、親しみやすい雰囲気の女性の方がウケるみたいです。

その点、安めぐみさん演ずる同僚に彼氏をとられてしまう、ルックスも仕事も完璧な翔子という役、中谷美紀さんのハマリ役と言えるかもしれません。