HOME > * 映画『阪急電車 片道15分の奇跡』のロケ地 (阪急今津線門戸厄神駅周辺)

映画『阪急電車 片道15分の奇跡』のロケ地 (阪急今津線門戸厄神駅周辺)

阪急今津線門戸厄神駅とその周辺の映画『阪急電車 片道15分の奇跡』のロケ地を、原作小説ゆかりのスポットとあわせてご紹介しています。ミサがミネラルウォーターを買う売店や、イトーさんが受診を勧められる医院など、思い出のあのシーンをふり返りつつお楽しみください(原作の引用部分のページ番号は、阪急電車 (幻冬舎文庫)のものを掲載)。
※個別ページ鋭意作成中(進捗状況はサイトマップをご覧ください)

* 阪急今津線門戸厄神駅

* 門戸厄神駅は、「厄神さん」の名で親しまれる門戸厄神東光寺の最寄り駅です。小林駅、仁川駅と同様、2面のホームと駅舎を地上に持つシンプルな作りの登場駅ですが、毎年1月に行われる厄除大祭の日には、何万人もの参拝客でごった返します。

* 門戸厄神東光寺

* 征志の言う「神様やお寺さんの過密空間」の構成要素。日本有数の厄払いのお寺として有名。
[原作] 西北の一つ手前の門戸厄神駅にも門戸厄神が盛況だ(p.18)

* 阪急の臨時便

* 季節の風物詩ともいえる年始の臨時便。毎年大勢の人を乗せてがんばっています。
[原作] 門戸厄神駅は、年始には臨時便が増発され…(p.102)

* 田畑

* 門戸厄神の周辺には、地元の特産「門戸葱」の畑が広がります。
[原作] 門戸厄神は、街中にも拘わらず周辺には田畑が多く残っており…(p.102)

* 住宅街

* ほっこり気分で町歩きするには持ってこいの門戸厄神界隈の住宅街。
[原作] 住宅街も一昔前の鄙びた雰囲気を残している(p.102)

* いのうえウィメンズクリニック

* ミサがイトーさんに受診をすすめた「内科もやってる婦人科」は西宮方面行きホーム側に。
[原作] 確か踏切り渡ったところに内科もやってる婦人科が…(p.162)

* 駅改札

* 改札を抜けるとすぐそこにはおなじみのあの売店が!
[原作] 女子大生はぷいっと改札のほうへ向かった(p.163)

* 駅売店

* ミサがイトーさんに飲ませるミネラルウォーターを買った売店です。
[原作] 売店で買って戻ってきてくれたらしい(p.164)

* 門戸厄神駅プラットフォーム(ロケ地)

* おばさん軍団との決別を誓い、康江は新たな気持ちで西宮北口方面へ引き返します。
[原作] 改札を一度出て反対側のホームに向かいながら…(p.169)