イズミヤ小林店

イズミヤ小林店

町の中心にそびえ立つイズミヤ小林店。巨大な白いな建物が威容を誇ります。

小林駅の西宮北口方面行きホーム側の改札を出て、左手にあるアスファルトの坂道の先と、黄緑と赤の看板の大きなスーパーが見えます。「イズミヤ小林店」です。他に該当するスーパーがないことから、翔子が服を買って、着替えた「四階建ての大きなスーパー」というのは、イズミヤ小林店であると思われます。

坂を下って、つきあたりを右に曲がって次の角で左折するルートと、左に曲がって次の角で右折するルートの二種類のルートがあり、どちらをとっても、駅から歩いて5分程度でたどり着くことができます。

イズミヤ小林店は、小林駅近辺のみならず、今津線沿線全域から人が買い物に来ていると思われる規模で、駐車場も300台停められるという広さ。屋根つきの駐輪場も充実していて、常に買い物客で賑わっています。

一階正面入り口付近にあるマクドナルド、ミスタードーナツの脇を抜けて店内に入ると、奥に食料品売り場が広がっているのが見えます。そちらへ行かずに、エスカレーターで2階へ上がると、小説『阪急電車』に描かれている通り、上がったところにすぐ婦人服売り場が。

売り場の雰囲気や、品ぞろえを見てみましたが、よくあるスーパーの二階の婦人服売り場よりは安っぽくなく、比較的使えそうで、値段の割には良質な服が置いてあるという印象です。

翔子のような御堂筋界隈の会社に務めるOLさんが通勤着を買うことはないでしょうが、とにかく「討ち入り」の衣装を脱ぐための間に合わせの着替えや、普段着を買うには十分ではないでしょうか。

なお、試着室は、店内のあちこちに数カ所ありました。翔子がどんな服を手にとって、どの試着室で着替えたのか、シミュレーションしてみるのも楽しいかもしれません^^